教育方法・教育実践に関する発表、講演等/Education Method, Education Practice Related to Presentation, Lecture, etc

基本情報

氏名 大熊 誠二
氏名(カナ) オオクマ セイジ
氏名(英語) OKUMA Seiji

タイトル/Title

夢中になってプレイしながら学ぶ「ゲーム中心・プレイヤー中心」のボールゲームの指導方法講座―ICTを活用したボールゲームの授業づくり―Game Senseによる授業づくり,ワークショップ 提案者,運営委員

年月(開始)/Year/Month(Start)

2013/12

年月(終了)/Year/Month(End)

 

概要/Summary

2008年の学習指導要領の改訂で,ボールゲームの学習内容が「型ゲーム」として示された。これはTeaching Games for Understanding (TGfU)の考え方に大きな影響を受けていると考えられる。日本でもTGfUに注目が集まる中,TGfUから派生した代表的なアプローチとして,Game Senseがあげられる。ワークショップでは講師にGame Sense研究の第一人者でもあるRichard Light 博士を迎え,体育授業への援用を学び,大熊誠二,神谷潤は,その考えを援用したボールゲームの授業を提案した。